ベスラ株式会社

コストからバリューへ。信頼と安心のベスラブレーキ

コストからバリューへ。信頼と安心のベスラブレーキ

ブレーキ豆知識

ローターへの攻撃性

ベスラブレーキパットは目視でわかる程のローターへの攻撃性はありません。

ブレーキはローターの摩擦材との接触摩擦で止まり、原則的にパットが磨耗して交換するように設計されています。そのパットの構成材料の中にはセラミック材があり、この材料の配合比率が高いとローターへの攻撃性が高くなりますが、ベスラでは潤滑剤とセラミック材の配合比率を調節し、ローターへの攻撃性を防止しています。純正パットと同様、安心してご使用いただけます。


ブレーキの鳴きについて

パット交換後の鳴きの主な原因

  • ピストンの圧力が不均一のままローターに接触し振動が発生する(=ビビリ音)
  • 新品のパット + 磨耗したローターを使用した時(ローター側の磨耗したエッジが立ち、パットが平らに当たらない)
  • ローター表面に前のパットの摩擦材が付着している時
  • ピストンシールやダクトブーツの劣化などが考えられます

ビビリ音の防止と対策

  1. ①パットの材質を柔らかくする
  2. ②ローターの材質を柔らかくする
  3. ③パットの芯金とピストンの間にシムを入れる
  4. ④ローターのエッジの面取りを行う