ベスラ株式会社

コストからバリューへ。信頼と安心のベスラブレーキ

コストからバリューへ。信頼と安心のベスラブレーキ

ブレーキ豆知識

交換の時期・注意点

パットの交換時期

パットの交換時期は、残量が2mm位になったら早めに交換してください。まだ、2mmあるから大丈夫と思われると、2mmからの残量は非常に早く摩耗しますので、ご注意ください。
ライダーのブレーキの使用頻度、走行道路によりブレーキの使用回数が異なる為、一概に距離でブレーキの交換時期をご案内することは難しいのですが、一般道路を走行し、8,000km〜10,000kmは安全走行距離と考えており、その距離がすぎましたらブレーキのチェックをお勧めします。

また、車両の保管状態にもよりますが、長い間使用していない場合や、ローター、キャリパーなどに腐食が見られましたら、走行距離に関わらず、ブレーキの点検をお勧めいたします。
ブレーキは、命を守る重要保安部品ですから、安全を優先した点検と早目の交換をお勧めいたします。

注意点

ブレーキパットを交換する時は、パットは新品で、ローターは使用継続品という組み合わせがほとんどです。交換時には、キャリパーのピストンの清掃 グリスアップ、パットピンのクリーニング、また、新品パット自体の面取りも、鳴きの防止に役立ちます。

ブレーキの効きは3タイプ!

  1. ①効力が安定している
  2. ②初期がガツンと効く
  3. ③握り込むほど効く

ベスラのパットは❶と❸の特性を重視しています。